知らないと恥ずかしい!結婚式のご祝儀の相場、マナーとは?

スポンサードリンク

友達や親族や会社仲間からの結婚の報告。おめでとう!と心からお祝いしたくなります。大変嬉しいことですね!
そして結婚式に招待された際に、意外と「ご祝儀の金額ってどうすればいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか?

会社の同僚、いとこ、仲の良い友達だったり、様々な結婚式があるので、どのくらい包めば良いのか分かりませんよね。

結婚式のご祝儀の金額に決まりはないですが、大体の相場というのがあります。
この相場を知らないで包んでしまうと、後で大変なことになってしまうかもしれません。ご祝儀の金額のせいで結婚式後、人間関係が悪くなってしまったという話も良く聞きます。

そんなトラブルを避けるためにも、しっかりと相場とマナーを把握しておきましょう。

今回は結婚式のご祝儀の相場と正しいマナーをまとめました。

ご祝儀の相場ってどのくらい?

一般的には3万円が相場になります。
仲の友人や親族の結婚式の場合、もっと多く渡すことがあると思います。その場合5万円ぐらいが相場です。

金額は割り切れない数字にしましょう。2や4といった数字は、縁起が悪いとされています。しかし8万円は割り切れるのに、末広がりといって縁起が良いとされています。色々あってややこしいですが、基本的には奇数にしましょう。

「3万円だと余裕がなくて出せないよ!」
という方もいると思いますが、今は2万を持っていく方も多いそうです。ただ、社会人1〜2年目ぐらいの人だけにしましょう。経済的に余裕ありそうなのに、それだとケチだと思われてしまう可能性があります。
2万円にする場合は、割り切れない数字にするため、1万円札1枚と五千円札枚の計3枚を包むようにしましょう。

色々と説明してきましたが、間違いないのは3万円です!
「少なすぎないかな・・・?」「多すぎてかえって気を使わせてしまわないかな・・・?」と迷ってしまう方は、とりあえず3万円を包んでおけば失敗はないです。

ですが、もし自分が先に結婚式を挙げていて、以前にご祝儀を頂いている場合は、その金額に合わせるようにしましょうね。

もし夫婦だとご祝儀はどのくらいが良いの?

さて夫婦で参加する場合だとご祝儀はいくらになるのでしょう?

2人参加だから・・・6万円???

ですが、6という数字は割り切れるため縁起が悪いので、5万を持っていくのが相場になっています。親戚や仲の良い友人の結婚式の場合7〜10万円が相場と言われています。
7万円だと少し経済的に厳しい方は、ご祝儀は5万円で+αとして1万円ぐらいの物をお渡しするとベストです。

夫婦で参加だけど、1人参加と同じ3万円でいいやって思った方、もしいたらちょっと待ってください!
少なくとも2人分の食事をするので、それだと新郎新婦に負担がかかってしまいます。最低5万円は包むようにしましょう。

ご祝儀袋の注意点

ご祝儀に包む金額の相場をご紹介してきましたが、注意したいのが「ご祝儀袋」です。
中の金額は相場を包んだからバッチリでも、お渡しする時にご祝儀袋が間違っていたら残念ですよね。
知らないと恥をかいてしまうことなので、ぜひ覚えておきましょう。

ご祝儀袋はどんなのを使えばいいの?

右肩に「のし」がついたもので、一度結んだらほどけない「結び切り」を使用します。
「のし」が無かったり、何度も結び直せる「蝶々結び」はNGです。
一般的なお祝い事は、5本の「水引」のものを使用しますが、結婚式のご祝儀袋は10本の「水引」のものを選びましょう。

表書きは、「寿」、「御祝」、「御結婚祝」が一般的に使用されます。その下には送り主の名前をフルネームで記入します。

友達同士で合わせて渡したいから連名にしちゃおう!というのはNGです。
基本的に結婚式では連名は使用せず(夫婦や家族の場合は除く)、1人に対して1つのご祝儀です。

連名表記にするのは、結婚式に参加できない人たちが数人でお祝いをお渡しする場合です。その際に連名は3名までとして、4名以上の場合は代表者の名前を書き、その左側に「他一同」や「友人一同」と記入しましょう。

包み方は?

ご祝儀袋の裏側は上側に折り返された方を外側に来るように包み、水引をかけます。

これには意味があり、「慶び・幸せを受けるように」ということだそうです。
反対にお葬式で使用する香典は、下側に折り返された方を外側に来るようにし、「悲しみを流す」という意味があるため、結婚式のご祝儀でこのようにをしてしまうと縁起が悪くなります。

持っていく前に一度裏側を見て、上向きになっているか確認して、間違えのないようにしましょう!

また包むお金は、折れていない新札がマナーです。
その場にあるからといって、くれぐれも財布の中に入っていたしわくちゃのお札を入れるのはやめましょう。
銀行や場合によってはホテルで新札に両替してくれますので、前もって用意しておきましょう。

まとめ

どんどん年を重ねていくごとに参加する回数が増える結婚式。
お金が絡むからこそ、悲しいことにトラブルも多いといいます。このことで、友達と疎遠になってしまった、仕事先の人との関係が悪くなってしまったなんてことにならないようにしたいですね。

あくまでご祝儀の金額は、お祝いの気持ちです。
ですが最低限の相場、マナーは守って金額を決めてくださいね。
そして気持ちよく新たな門出をお祝いしてあげましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です