目への紫外線で肌が日焼けする!?目のUV対策とは?

スポンサードリンク

日差しの強い季節、みなさん紫外線対策はできていますか?
日焼け止めを塗って肌はバッチリ!って方が多いと思いますが、実は目の日焼け対策も重要なんです。

それは何故かというと「目が紫外線を浴びて日焼けすると、肌も日焼けする」からです!

普段気にしない目の紫外線ですが、まさか肌への影響があるなんてびっくりですよね。紫外線対策はきちんとしているのに焼けてしまう人は、もしかしたら目が受けた紫外線が影響しているかもしれません。

今回は、目が紫外線を受けた時に肌へ及ぼす影響目の紫外線対策などについてまとめました。

なぜ目が日焼けすると肌が焼けるの?

目が紫外線を浴びると、角膜に炎症が起きてしまい、脳が紫外線から守ろうとしてメラニン色素を多く作りだします。その結果、体中にメラニン色素が増えてしまい、肌が黒くなり日焼けした状態になってしまいます。
そしてシミ、そばかすの原因にもなります。
ですので、肌だけじゃなく目の紫外線も防ぐ必要があります。

肌だけでも対策が大変なのに、目も紫外線から守らないと肌も焼けてしまうなんて、ちょっと辛いですよね。

紫外線が及ぼす目への影響

外に出て日差しを浴びると、目が充血したり、涙が止まらなくなったり、痛いと感じたということはありませんか?目がダメージを受けていますよ!
目の紫外線が及ぼす影響は、肌を日焼けさせることだけではありません。目が紫外線によってダメージを受け、それが蓄積され続けてしまうと、場合によっては病気を引き起こす可能性があります。

その病気というのは次のようなものがあります。

  • 黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)
  • 白内障
  • 角膜炎

白内障がそうですが、酷い時には失明してしまう病気もあるんです。
まさか目が紫外線を浴び続けると、こういった病気になってしまう可能性があるなんてすごく恐ろしいです。

紫外線から目を守るための対策

肌の日焼けだけじゃなくて病気にもなる恐れがある目の紫外線。なんとしてでも防ぎたいところです。
紫外線から目を守るための対策はどんなのがあるのでしょうか。

サングラスをかける

たまに安いサングラスだと、色だけが付いていてUVカット機能の無いものがありますが、それをかけるのはNGです!
目は視界が暗くなると、光を集めようとして瞳孔が開くのですが、そうすると紫外線が目に入りやすくなります。なので紫外線から目を守るどころか、かえって逆効果になってしまうのです。

昔、サングラスは全てUVカットをしてくれているものだと思って、勘違いをしてかけていました。自ら目に紫外線を集めてしまっていたなんて・・・。

そしてメガネ屋さんに行ったときに聞いたのですが、色の濃さで紫外線のカット率が変わるということはないようです。色が薄いものでも、ちゃんと紫外線をカットしてくれるそうですよ!

UV機能があるか確認してからサングラスをかけましょう!

UVカット付きのコンタクトレンズを装着

最近ではUVカット機能付きのコンタクトレンズが各所で販売されています。
「え?効果あるの?」と思う方も多いと思いますが、調べてみたところ、紫外線を防ぐにはちゃんと効果があるそうです。
ただ、サングラスとかに比べるとコンタクトレンズは薄い分、すごく効果が期待できる訳ではなさそうです。

おすすめは、このUVカット付きのコンタクトレンズをして、同じくUVカット付きのサングラスをかけることです。そうすることによって、より目から紫外線を守ることができます。

日傘を差したり帽子を被る

サングラスやコンタクトだと防ぎきれない紫外線からカバーすることができます。
日中はコンクリートなどの地面からの反射によっても紫外線を浴びてしまいます。より対策されたい方はぜひ日傘を差したり帽子を被って紫外線から目を守りましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
まさか目が紫外線を受けると肌が日焼けするなんて驚きですよね。そして病気にもなる可能性があるので、肌以上に目の紫外線対策が必要なのかなと思いました。
普段から紫外線対策をきちんとされている方も、これを機にぜひ目の方も紫外線対策もしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です