夜食べると太るは嘘だった!?ダイエットしている人必見!

スポンサードリンク

「夜に食べると太る」

この言葉聞いたことありませんか?
これはダイエットをしている人ならご存知だと思いますし、そうでなくても1度は周りから聞いたことがあるというぐらい有名な言葉です。

「20時以降は食べないようにしてるんだけど、仕事で残業をして、くたくたで家に帰ってきて時間を見ると20時を超えていたからその日はご飯を抜いた。」
「お腹が空きすぎているけど、20時過ぎているから我慢!」

というような経験がある方も多いのではないでしょうか?
夜ってなぜか無性に食べたくなるんですよね。朝ごはんよりも、夜ご飯食べない方が苦行だと私は感じます。気を紛らわそうとしてスマホをいじっていると、ふいに料理画像が表示されて見てしまい辛くなったり。

ですが、実際は「夜にご飯を食べても太らない」というのです!

それが本当なら、嬉しいですよね。
今回は、夜にご飯を食べると太るのかどうかについて調べてまとめました。

なぜ夜に食べると太ると言われているの?

そもそも、なぜ夜に食べると太ると言われているのでしょうか。
原因になっているのではないかとよく聞くのは次のようなものがあります。

  • 夜は代謝が落ちるから
  • 夜は動かない食べたカロリーがそのまま脂肪になる

確かに、夜は食べた物がそのまま脂肪になってしまうというイメージはありますよね。反対に、朝は食べたらその後に、歩いたり仕事したりと、何かしら動いて消費されるから大丈夫というイメージです。

言われていることは間違いだった!夜食べても大丈夫!

さっきご紹介した、太る原因として言われていることは間違っているそうです。

まず、「夜は代謝が落ちるから」ということについてから説明してきましょう。
確かに、夜は副交感神経の働きにより代謝が落ちるのは事実です。しかし、そもそも食事が消化されるは、だいたい12〜20時間ぐらいかかるものなので、夜に食べたものは翌日の昼頃に消化されます。
ですので、夜に食べたからといって、栄養が体に吸収されるのは昼になるので関係がありません。

「夜は動かないから食べたカロリーがそのまま脂肪になる」についてですが、これも間違いです。
人間は、心臓を動かして体温を維持する「基礎代謝」によって、寝ている間もカロリーを消化しているからです。
その消費カロリーは1時間に30〜40カロリーと言われており、ちょっとした運動よりも消費しています。

以上のことをふまえて結論からいうと、摂取カロリーが1日の消費カロリーを上回らなければ太らないということです。

消費カロリー>摂取カロリーということですね。

カロリーはいつどんな時間に摂取しても1カロリーは1カロリーです。
そして消化の部分が、朝でも夜も変わらないということから見て、食べて太るということに時間は関係なかったのです。

夜食べる時に気をつけたいこと

「夜食べると太る」が嘘だとご紹介してきましたが、どんな食べ方をしても太らないかと言われれば、それは間違いです。
夜食べる時に、どんなことに気をつければいいのかをまとめました。

消費カロリー以上の甘いものや脂っこいものを食べ過ぎるのはNG

夜にお菓子などの甘いものを食べるのはOKです!
ですが、消費カロリーを上回ってしまえば太ってしまいます。なので、消費カロリーをオーバーしないように食べ過ぎには気をつけましょう。

またダイエット中に甘いものを我慢するのは、逆にストレスで太る原因になります。
なので、たまには夜でも甘いものを食べちゃいましょう!
食べたいものを少しでも食べることにより、精神的に満たされ、我慢できずにドカ食いをしてしまうことを防ぐこともできます。
もちろん1日の消費カロリーを超えないように考えてから食べましょうね。

アルコールを飲みすぎない

夜に太ってしまうと言われているのは、アルコールも関係しています。
夜はご飯と一緒にお酒も飲むという方多いからです。仕事終わりの一杯ってすごく美味しいですよね。

ですが、アルコールは、脂肪の代謝を抑える働きがあるため、太りやすい状態を作り出してしまいます。
太る原因となるため、多く飲みすぎないように気をつけましょう。

太ると思って食べないこと

夜に食べると、太ると思いながら食べてしまうことってありませんか?
それが原因で代謝機能が落ちて太ってしまうこともあるそうです。

人間は思い込む力が強いため、太ると思い込むと、本当に太るように体が働いてしまいます。
効果が期待できない薬なのに、治ると思い込むと本当に治るというプラシーボ効果と一緒ですね。

太ると思い込まずに、食事を楽しむようにしましょう!

まとめ

もう一度おさらいしておきましょう。
大事なのは、1日の消費カロリーを上回らなければ夜に食べても太らないということです。

太る原因は、時間が関係しているのではなく、単純に摂取カロリーが高く食べ過ぎていることだったのです。

夜に食べると太ってしまうと思って、ご飯を控えていた人はぜひ食べるようにしましょう。ダイエットしているからといって、我慢は禁物ですよ。空腹で耐えられなくなり、ドカ食いしまうという悲惨なことになります。経験者は私です・・・。

夜勤の方や、仕事が終わるのが遅くて夜にはなかなか食べられないという人も、今回のことを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク